トップイメージ

2010/06/01

金網の鬼


奈良県のとある村に猪を肥育している場所があると伝え聞く。
金網デスマッチさながらの撮影である。


「みなさんこんにちは」
故ラッシャー木村氏ばりに挨拶をしてみる。
これまでの畜産取材の経験上、言葉や気持ちは結構通じる。

彼らは食欲旺盛で何でも食べるが、実は臆病と言っていいほど警戒心が強い。
こちらは福井県で取材した猪猟。


足跡から罠の手前で逡巡した様子がうかがえる。

駆除猪を資源化し、地域ブランドを創出した例として有名なのが人口6000人の町・島根県美郷町の「おおち山くじら」
http://oochiyamakujira.hanamizake.com/

「おおち山くじら」に限らず、屠殺処理や熟成のしっかりした猪肉は驚くほどうまいのだ。
私の場合、生態系や森林間伐、過疎山村のお話も「食」を通せばとってもリアル。


宮崎純一

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム