トップイメージ

2011/07/14

ホラは吹いてもウソはつかねぇ


福島県新地町の漁師Kさんから近況報告。
6月に入り、避難所から仮設住宅に移り住むことができたそうだ。
お元気でいらっしゃる。
お手紙の消印は6/27、入居も早々に小さなテーブルの上でご縁のあった人たちにペンを走らせるKさんの姿が浮かぶ。
ありがとう。
お手紙には「原発による放射能がおさまり、一日も早く活きた魚が食卓にのぼり、みんな笑顔で暮らせるよう頑張るつもりでいます」とも綴ってあった。

別の話だが、ある復興支援ラジオを通じて、東北の漁師さんが東京の番組スタッフにとれたての鯛を届けたそうだ。
震災後初めての漁であがった鯛だった。
漁師さんはラジオに電話出演してこう言った。
「約束したから。漁師はホラは吹いてもウソはつかねぇ。」

漁師たちが揚々と船を出し、どんどん銭を稼げる海になりますように。
そしてうまい魚をたらふく食わせてください。


宮崎 純一

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム