トップイメージ

2011/09/09

自分のタイミングで


きび。
端境期と呼ばれるこの時期にも力強い実りの作物があります。


自然農法家のトマト。

印象的な言葉

自分は以前は林業をやっていました。
山に植林するとそれだけで木は育ちます。
どうして同じことが農業で出来ないのか。
小山を開墾することから始めました。
数十年落ち葉が体積した土に種を落とす。
最初、成長が遅く感じるのですが、ゆっくりゆっくりと根を張っているのです。
ある時を境に驚くほどにぐいと実りに向かいます。
自分のタイミングで実りを表現します。
いっせいに芽吹いた山菜が群生する姿に似ています。
それが旬ということなのだと思います。


宮崎 純一

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム