トップイメージ

2011/11/26

来光/ルレクチェ


凍てつく夜が明け、北陸の重たい雲を破って信濃川に黄金が差した。


新潟市白根地区は日本における西洋なしルレクチェ発祥の地。
信濃川と中ノ口川流域は沖積平野として豊かな土壌に恵まれ、果樹栽培に適しています。

追熟に約40日を要するルレクチェは今年の出荷が始まったばかりです。
完熟したものは高貴な香りをまとった美味と滑らかな舌触りが特徴。
袋に擦れただけでも表皮が痛むデリケートな果実で、扱いにはとても気を使うそうです。
この美味しさを届けてもらえることは幸せなんです。




宮崎 純一

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム