トップイメージ

2011/11/14

TPP

野田首相がTPP参加に向け「関係国と協議」を表明しました。
国会はまさに「賛成の反対の賛成なのだ」という様相。
脱力感を覚える一方で、どちらに転ぶにせよモノを作るのも買うのも私たちで、枠組みばかりに支配されることはないと思っています。
仕組みを決められたら右へ倣うと思うなよ。
「これでいいのだ!」は自分なりのポリシーで。


宮崎 純一

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム