トップイメージ

2009/05/26

高崎へ 


高崎市美術館で行われている「魯山人の宇宙」展を見に行きました。
作品の「大らかさ」にしびれた。
その器が、魯山人その人であるような強烈な「存在感」。

もっと、自分の写真を良くする為、
「努力」。




美術館の後は、おそば屋さんで一休み。
午後は榛名山を見物。
新緑がほんときれい。
良い季節。

伊藤高明

2 件のコメント:

Anonymous 匿名 さんは書きました...

高崎ですか。廬山人の器を見たことはあります。

ちょっと右に緑の遠景いいですね。

蕎麦屋、の皿もちょっと廬山人風と思いました。

      さるすべり

2009年5月28日 17:10  
Blogger eatphoto さんは書きました...

さるすべりさん
コメントありがとうございます。
椅子の写真は、高崎市美術館の併設されている
高崎哲学堂(旧井上房一郎邸)です。
高崎出身の実業家井上房一郎氏の東京麻布の家を移したらしく、設計は、フランク・ロイド・ライトの弟子アントニン・レーモンドです。
伊藤高明

2009年6月10日 14:51  

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム