トップイメージ

2011/03/06

雪を抱いて春待つ暮らし


東京ローカルレストランプロジェクト、特集コラムepisode4「雪を抱いて春待つ暮らし」がアップされました。どうぞご一読ください。

今回は新潟県妙高市を訪れました。
雪中貯蔵の野菜をポリポリ、シャクシャクと生でいただく。甘くておいしいのです。
気温が氷点下になると野菜は自ら糖分を取り込む。糖分を取り込んだ水は凍りにくい。不凍液で全身を覆う格好になる…
そりゃ知ってるよという都会暮らしの半ちく野郎も、
「野菜に雪を抱かせて春を待つんです」
おばちゃんのそんな言葉には素直に頭が垂れてくるのでありました。



宮崎 純一

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム