トップイメージ

2008/11/20

11/9 「農」と言える四国〜四国大収穫祭

四国をこよなく愛する若者たちが、四国を世界に発信するというHome Island Project
「農」と言える四国〜四国大収穫祭に参加してきました。

四国産直市、若手農家さんとバイヤーさん、東京食プロの交流会など密度の濃い内容で、前週、愛媛県産品の取材に出掛けたばかりの私は興味津々。
東京では購入する機会の少ない四国の新鮮野菜・果物・その加工品など、試食させていただいた食材はどれも生産者さんの創意工夫に溢れ、幸せを感じて嬉しくなりました。

出展物一例
・愛媛県 みかん、マコモタケ、ブルーベリー
・香川県 セミドライトマト、イチゴ、シイタケ
・高知県 さつまいも、落花生、にら、しょうが、栗の渋皮煮
・徳島県 すだち濃縮果汁

交流会では菊乃井さんによる四国食材の魅力を凝縮した「四国の宝石箱」という名の美味しいお弁当をいただいた後、中小企業基盤整備機構・愛媛銀行さんのお話を拝聴。
日本初の農水産業振興支援型投資ファンド「えひめガイヤファンド」のお話は勉強になりました。
同様の枠組みを推進する地方銀行さんも増え、全国的なネットワーク化も進行中だそうです。
各分野のプロの力を結集すれば日本の食を根っこから豊かにすることも夢じゃない。
フードカメラマンにもまだまだやれることがきっとあるはず!

宮崎 純一

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム