トップイメージ

2010/08/19

「Meal travel agent Vol.14 in 未来世紀ブラジル」


「ブラジル人は、食事を摂らない。食べ物を食べたことが、無い。」


そう、伝え聞いております。

ブラジルの最初の住民が紀元前11,000年にベーリング海峡を渡ってアジアから
やって来たときから食事をしたことがない民族として、歴史を刻んできました。
そして、1日中原っぱでボールを追いかけまわし、時にはいい感じでフリーキックを
無回転で蹴り倒し、乳首を絶妙なサイズのコステュームで隠し、時には我を忘れ踊りながら
乳首出しちゃって遊びだめ的に乱痴気騒ぎをするという趣旨の祭典ばかりしてたら

要するに、

食事をする暇が、無いんです。

サッカーして、サンバ踊ってカニーバルの準備…。

忙しいんです、ブラジルの人々は。


食事をする暇が、無い訳です。


お腹空かないんでしょうな、ブラジルの方々は。


ということで、


そろそろ、ラモス瑠偉氏やセルジオの越後に本気で怒られそうだから


はっきり、言いますと。


ブラジル人だって食事しますよ!お腹空きますよ!


サッカーボールとか煮込んでるわけじゃない、美味しいブラジル料理があるはずだ!!


「今まで食事をした人がいない国、ブラジル」なんて言って、ごめんね…ブラ・ジル子ちゃん達。

ということで、ブラ・ジル子ちゃん達!

8月26日は、サッカーやサンバやカーニバルだけではない、美味しいブラジルをお届けしますよ。

先月のミールトラベルは、ワールドカップ2010の優勝国「スペイン」でしたので
今月は、4年後のワールドカップ2014の開催国で優勝国であろう「ブラジル」


4年後を見据え、やってくれるだろうセレソンたちに送ります。

4年後の未来に向けて
「Meal travel agent Vol.14 in 未来世紀ブラジル」です。
そんなわけで、左乳首をペレのアップリケ、右乳首をジーコのアップリケで隠し、デリケートな聖なる秘境部分は、ラモス瑠偉氏のステッカー(田中・マルクス・闘莉王でも可)を貼り祭典にて踊り狂うブラジルの人々が、愛してやまないメニューはこんな感じで行きます。

■ポン・デ・ケージョ
チェダーチーズのポン・デ・ケージョ。ポンッつって、ケージョしながら丸め、そして焼きます。

■ヴィナグリッチ
ブラジル料理にはかかせないサラダを恵比寿のリオデジャネイロ風で。

■フェジョアーダ
豆と豚肉の煮込みます。サンバで煮込みます。

■ビッフィ
ビーフステーキ。素敵に日本の薄切りのレベルじゃないステーキを。

■テリー・ギリアムのブラ汁丼
ブラジルのムケッカをぶっかけご飯でテリー・ギリアム調に食す。

■ブラジルプリン
ブラ・ジル子特製のこってりプリンを予定。あくまで予定。予算次第!

こんな感じで。

東京下町の夏を代表するお祭りのひとつ浅草サンバカーニバルは8月28日だ!!
その前に、恵比寿のリオデジャネイロと呼ばれるEAT TOKYOで
「乳首に五円玉を貼ってダンス…夏。」


国際料理斗写真機構 Presents「Meal travel agent Vol.14 in 未来世紀ブラジル」
・日時:08・26(木)20:00〜23:00
・会費:3500円(フリードリンク+未来世紀ブラジル)
・場所:恵比寿リオデジャネイロEAT TOKYO
→〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-5-2 今村ビル3F
・地図:http://eattokyo.zz.tc/map 

「国際料理斗写真機構」
料理斗文章:ハラシマ マサミ(tokyo delicious )
写真斗構成:花渕浩二(eat photo )
謎斗アートディレクション:ナモナキクリエイティブ

ラベル:

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム