トップイメージ

2010/09/13

「Meal travel agent Vol.15 in Finland」

サンタクロースが実際暮らすことで知られるフィンランド。

歌舞伎や落語でいう襲名制度があるかどうかは知りませんが、
林家木久蔵が木久扇、こぶ平が林家正蔵と言うようにきっと
由緒あるサンタクロースという名跡を引き継いでいるに違いないはず。


プロレス界で言うところの父親のドリー・ファンクの名を受け継いだ
ドリー・ファンク・ジュニアのように…。(弟はテリー・ファンクです。)


そんなサンタクロース・シニアからジュニアへの伝統が今でも残るフィンランドが今回のミールトラベル。



サンタクロースの国、フィンランド。



残暑厳しいこの9月のテーマがフィンランド。



なぜ、12月にやらないのか。



そう、それは


クリスマスまで残すところあと3か月。3ヶ月しかないんですよ。



こう暑い日が続くと、このままずっと夏なんではないかと
冬なんて来ないんじゃないかと、ハッピーサマークリスマスなんじゃないかと…



まぁ、




そんな訳ねぃ。そんな訳ねぃんです。



けどね、



冬は来ます。必ず、やってきます。

そして、クリスマスもやってきます。


クリスマスソングが街にあふれ、イルミネーションがギュインギュインに光るクリスマスが。


サンタクロースも準備してます。ノルウェー辺りで。



なので、来るべき冬が来る前の秋のうちにしっかりとしたクリスマスへの計画と
年末の過ごし方を少し考えてみませんか?


なんでしたらサンタクロースの生まれた国で食旅行ってどうでしょう。



ということで


国際料理斗写真機構 Presents「Meal travel agent Vol.15 in Finland」です。


メニューは、フィンランドの家庭には必ずある、イモ・ミートボール・チーズ・ライ麦・アンチョビ的な物、キシリトール・サウナ・サーモンを考慮し、こんな感じを考えております。


「Happy Autumn Christmas in Tokyo Finland MENU」
■ライ麦パンでいただくクリスマスカラーの3種ディップ
■サーモンマリネとチーズのサラダ
■秋ですね。サーモンのコクのあるスープ
■鮭を丸ごと焼いてやる!オーブンサーモンの軽いアンチョビグラタン
■打倒!IKEA。ミートボールのポテト添え
■ヨウルトルットゥと言う名のクリスマスパイ。おパイ。



フィンランドの都市、ヘルシンキで「かもめ食堂」が開店されてるなら
こっちは恵比寿にあるノルウェーの森EAT TOKYOで開店だ!!

 *参加したいという方は下記までご予約のご連絡を。


国際料理斗写真機構 Presents「Meal travel agent Vol.15 in フィンランド」
・日時:09・16(木)20:00〜23:00
・会費:3500円(フリードリンク+トーキョーフィンランド料理)
・場所:恵比寿のフィヨルドEAT TOKYO
→〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-5-2 今村ビル3F
・地図:http://eattokyo.zz.tc/map


しかし、朝夕はだいぶ涼しくなってまいりましたね。

そして、一雨ごとに秋の深まりを実感いたします。


今年のクリスマスをどう乗り切るか、みんなで考えてみませんか?

サンタクロースは絶対いるんだから!!


「国際料理斗写真機構」
料理斗文章:ハラシマ マサミ(tokyo delicious )
写真斗構成:花渕浩二(eat photo )
謎斗アートディレクション:ナモナキクリエイティブ

ラベル:

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム